Path of Exile:日本語でわかるトレードサイト

PoEにハマって24時間新しいビルドの事ばかり考えている皆さんこんにちわ。

ご存知の通りPoEはF2Pなのにゲーム内容が意外としっかりしている、まるで”日本人モシモシゲーマーにとってのパズドラ”と一見完璧なゲームなのですが、他のハクスラゲームと比べるとトレード機能が著しく貧弱です。

Diablo3などはRMTで好きな武器を好きなだけ買えたり、もしくはオークションで素晴らしい武器をバリバリ仕入れたり出来たのですが、PoEでは地道にトレードチャットを眺めならWisを繰り返すしかありません。

私もこれには手を焼いていて、PoEのRMTサイトみたいにOrb of Alchemyが100個5ドルで買えれば…と常日頃思っていましたが、今日新しくPoEの便利なトレードサイトを発見したので今日はそれを紹介していきたいと思います。

PoE Goods

今回使うサイトはこちら。

http://poe.xyz.is/

脳みそがグチャグチャになってそうな感じのドメイン拡張子を持ったサイトですが、中身はしっかりしています。

このサイトではPoEの公式フォーラムの中から売りpostをまとめているようで、検索フォーラムに欲しい武器・防具・リング・ジェムなどを入れると売りに出ているそのアイテムを検索することが出来ます。

色々と欄がありますが、基本的に必要な操作は二つのみです。

1.装備の特定

Screenshot_55

League:今いるリーグ(最近はじめたならDomination)

Type:武器の種類(Two hand swordとかShieldとか)

Name:名前(ユニーク装備や特定のジェムを探す時に使う)

見ているビルドガイドに特定のユニーク武器を使えだとか、もしくは特定のジェムを使えなんてことが書いてあった場合はこのName欄にその装備の名前を入れましょう。

2.現在オンライン&値段が決まっているものだけ表示

Screenshot_56

上の二つにチェックを入れることにより

A.今現在オンラインである

B.売っている装備に値段をつけている(交渉の必要がない)

の条件を満たした装備のみが表示されるようになります。

自分で交渉したければBuyoutは外してもいいのですが、極力EnglishはSpeakしたくnotなyouはonにrecommend.

アイテム選び

検索ボタンを押したら条件を満たしたアイテムがずらずら出てくるので、値段を見ながらいい感じのアイテムを探しましょう。

Screenshot_57

左の赤い長方形に囲まれているのが値段で、右の赤い長方形に囲まれているのが売っている人です。

上の画像の場合は、レベル19のMultistrikeジェムをChaos orb10個でThornsOPさんが売っているという事になります。

これを買おうと思ったら名前を覚えていざPoEに戻りましょう。

耳打ち機能と英会話例文

買おうと決めたらすぐに行動しましょう。

まずは倉庫から値段分のアイテムを取り出し、Poeのチャットに「@(売り手の名前) Hello. Can I still purchase the (アイテム名)」と書いて送信しましょう。

おおむね「(アイテム名)買ってやるから早くよこせよ」という意味なのでご安心を

するとWisを飛ばした相手からはだいたい

・Sure

・OK

・Deal

的な事を言われた後、パーティに招待されます。

パーティに入った後は難易度ノーマル、Act1の初期の街で待っていれば向こうからやって来てトレードを持ち掛けてくるので、用意してあったアイテムをアイテム欄に載せ、相手がちゃんと指定のアイテムを渡してくるかをちゃんと見極めた後にAcceptを押してトレードを完了させましょう。

これで序盤から最強のPoEプレイヤーを目指しましょう おわり

用語解説

WTB=Want To Buy(これを買いたい)

WTS=Want to Sell(これを売りたい)

a1n=Act 1 Normal

例文:WTS 2 fuses for 1 alc at a1n(Orb of fuse2個をOrb of Alchemy1個で売りたい。NormalのAct1で待ってます。)

シェアする

フォローする

コメント

  1. uekami より:

    丁寧な記事でとても参考になりました。
    なお現在はトレードの時は相手の隠れ家(英語ではHideoutと呼ばれる。h/oやhやと略されることも多い)に招待されることが多いです。
    相手とパーティを組んでいる時、パーティー画面(メニューのSocial Screenから行けます)から相手の隠れ家に行けます。